ヘキサン溶媒使用上の注意

  • 溶媒ビンはポンプより高いところに置いて下さい。
    (30cm以上高いとなお良い)
  • チェック弁洗浄はエタノールかTHFを入れたビーカーにチェック弁を浸し、5〜10分超音波洗浄装置にかけます。チェック弁が汚れていた場合、ビーカーを光に透かして見ると、糸くずのような埃が多数見えます。
    溶液はエタノールかTHFを使います。メタノールや水ではヘキサンと混ざらないので、チェック弁が正常に動作しなくなります。
  • カラムを繋がない状態では設定流量送液するが、カラムを繋ぐと脈流が出る場合、ポンプヘッド部にエアーをかんでいます。
    エアーや水はヘキサンでは抜けづらいのでエタノールかTHFを送液しポンプヘッドを置換洗浄して下さい。
    エアーが抜けたら溶媒をヘキサンに戻して下さい。


アプリケーションの目次へ ホームへ