結晶性ポリマー自動分析分取昇温分別装置

SSC-7300

従来、大変な労力と時間を要していたポリマーの分別分画が、短時間で、しかも自動制御で行う 事が可能となりました。この分別装置で、結晶性ポリマーを結晶性の違いにより分別して分別試料を得ると共に、ポリマーの溶解温度の分布が把握できます。


結晶性ポリマー自動分析分取昇温分別装置

原理

カラム恒温槽内に不活性担体を詰めたステンレスカラム(標準: 内径30mm×長さ300mm)を置き、この充填カラムに一度完全に溶解したポリマーを浸し、徐々に降温冷却します。これにより不活性担体表面に薄いポリマー層を形成させ、次に温度を低温から連続又は階段上に昇温しながら溶出を行い、溶出した成分を時間軸にカットしフラクションコレクターに分画します。
以上の温度コントロール及び機器の制御はコンピューターによって行われます。

一式価格【29,800,000円〜】

装置概要

SSC-7300の結晶性ポリマー自動分析・分取昇温分別装置は、弊社が長年の蓄積したクロマトグラフの技術を活用して、独自に開発した装置です。結晶性高分子を温度昇温分離分別(TREF)する事によって、ポリマーの分子量分布分別、結晶化度、分岐度、共重合度等の違いを判定する情報を得られます。
従来、この方法は膨大な労力と時間を要しましたが、弊社が開発した装置によって短時間で自動的に分画、分取を行う事が可能となりました。その中心技術は、恒温槽の温度分布及び昇降温精度の自動コントロール機能、またこれと関連したポリマー試料(種類)に関する標準的なプログラミング等で、これらが重要な役割を果たしています。

簡易タイプはこちらに掲載してあります。

 
機能仕様
  SSC-7300
脱気装置 流路数:2流路
最大許容流量:7ml/min
送液部 溶媒タンク:10L(SUS316製)
送液ポンプ(1):流量範囲:0.01〜10ml/mi
耐圧:100kg/cm2
送液ポンプ(2):流量範囲:1.4〜19.8ml/mi
耐圧:15kg/cm2
自動インジェクター
バルブ
使用温度範囲:200℃以内
耐 圧:100kg/cm2
標準ループ:2ml、100ml
自動流路切換バルブ 使用温度範囲:200℃以内
耐 圧:100kg/cm2
手動流路切換バルブ 使用温度範囲:常温
耐 圧:400kg/cm2
リリーフバルブ 圧力設定範囲:0〜50kg/cm2
恒温槽 温度範囲:10〜200℃
温度分析:±1℃ 
カラム:φ30×300mm(2本収納可)
安全機能:ガス検知器内蔵


  SSC-7300
検出器(赤外検出器) 光路長:3mm
材 質:CaF2
セルッブロック温調付き
試料道入管
(トランスファーチューブ)
恒温槽〜赤外検知器
赤外検知器〜フラクションコレクター
フラクションコレクター 分画方式:連続分画
1分画容量:100ml(Max.200ml)
制御方式:マニュアルスイッチ
タイマースイッチ
ドラフト配管用ファン設置(ホース径I.D.φ150mm)
レコーダー 印字数:6ペン
方 式:打点式
パソコンユニット 各制御及び解析
外形寸法 恒温槽:W750×H950×D740(mm)
架 台:W1200×H880×D750(mm)
重量
恒温槽:約80kg
架 台:約100kg
供給電源:AC100V 50/60Hz 1500VAmax.

 
PE(HD)の分析例(0.37%、2ml)
PE(HD)の分析例(0.37%、2ml)
  昇温分別プログラム
パターン番号(1〜19) 4
開始温度(℃) 30.0
リンクパターンNo. (0=リンク無し) 0
ステップ 温度(℃) 時間(分) TS1(1:0N 0:OFF) PID番号
[1] 135.0 300 1 3
[2]        
[3]        
[4]        
[5]        

ELUENT   : ODCB
FLOW RATE   : 2ml/min
COLUMN   : 10φ×300mm
RANGE   : 0.25A
RESPONSE   : 40
WAVE LENGTH   : IR-3.41μm

 

     
Homo PP系の分析例(1%、2ml)
Homo PP系の分析例(1%、2ml)
  昇温分画分取プログラム
パターン番号(1〜19) 6
開始温度(℃) 30.0
リンクパターンNo. (0=リンク無し) 0
ステップ 温度(℃) 時間(分) TS1(1:0N 0:OFF) PID番号
[1] 80.0 180 1 2
[2] 90.0 60 1 2
[3] 110.0 60 1 2
[4] 110.0 60 1 2
[5] 115.0 60 1 3
[6] 115.0 60 1 3
[7] 120.0 60 1 3
[8] 135.0 60 1 3
[9] 135.0 60 1 3
10]        

ELUENT   : ODCB
FLOW RATE   : 2.5ml/min
COLUMN   : 30φ×300mm
RANGE   : 1A
RESPONSE   : 40
WAVE LENGTH   : IR-3.41μm
     

上記Homo PP系の昇降温条件

パターン(1)は分別開始のため、希望の温度までカラムオーブンを加熱するステップです。
サンプルを溶解後、100mlのサンプル・ループにローディングし、降温パターン(5)をスタートします。ステップ(2)の間に、サンプルがカラム内に送られて保持された後、ポンプが止まります。続いて、オーブンの温度は35時間かけて30℃まで下がります。
次に昇温分画分取パターン(6)により昇温して1時間ごとに分画分取します。

(注)上記はループへのローディングを除き、他は全てコンピュータにより制御されます。 パターンはリニアー、階段状及びキープ等自由にセットできます。

上記Homo PP系の昇降温条件

ページの先頭へ 製品案内の目次へ ホームへ