高温溶解試料用、攪拌機能付高温濾過装置

SSC-9300

難溶性ポリマーの溶解と不溶分及び不純物の除去が可能になりました。


高温溶解試料用、攪拌機能付高温濾過装置

標準付属品
ステンレス試験管(3ml用)………………………………………8セット
サンプルビン(8ml)…………………………………………………50本
メンブランフィルタ…………………………………………………100枚
(濾過粒度0.5μm)
フィルター押さえ(ステンレス製)……………………………………10枚
パッキン(テフロンOリング)………………………………………10ケ
(テフロンOリング)………………………………………10ケ
(テフロンパッキン)………………………………………10枚
ルアーロック注射筒(20ml 硝子製)…………………………………1本
ルアーロック注射針………………………………………………8セット
(#16ゲージ押しネジ、フェラル付き)
試験管立て…………………………………………………………1個
温度計(0〜360℃)…………………………………………………1本
ピンセット……………………………………………………………1本
スパナ………………………………………………………………2本


仕様例
  SSC-9300
温度範囲 室温+10℃〜350℃
温度精度 ±0.5℃
温度制御 PID制御
ヒーター 300W 米国WATTLOW 社製×2
外形寸法 W350×D250×H300(mm)
ブロック W120×D140×H90(mm)(SUS試験管8本収納可能)
攪拌機能 モーター回転によるブロックユニット振動方式
電源 AC100V 50Hz/60Hz 7A
価格(円) 900,000

一式価格【900,000円〜】


装置概要
本装置(SSC-9300)は、高温及び超高温GPC装置(SSC-7100)の分析試料を均一高温溶解し、余分な物質及び、コンタミ等を高温状態で除去する為に開発された装置です。この装置には、難溶性ポリマー等も短時間に溶解出来るように攪拌機能が付いています。


原理図

原理
加熱ブロックは、前もって適正温度にセットします。ステンレス試験管にフィルター等をセットし、試験管内に試料と溶媒を入れ、サンプル瓶を過熱ブロック内にセットし、試料の入った試験管をその上にセットします。この状態で、試料と溶媒の入った試験管を過熱し、試料がある程度溶解しやすくなった状態で攪拌し、溶解させます。溶解した試料は、試験管上部よりシリンジにて加圧し、溶解したポリマーだけをサンプル瓶に落とします。サン プル瓶は、弊社の高温GPC装置のオートサンプラーと同じ規格の物を使用していますので、そのままオートサンプラーにセット出来ます。

ページの先頭へ 製品案内の目次へ ホームへ