SSCPAKカラム価格表
Column index
PEGASIL DOCOSIL ODS C8 C4 - Silica AQUASIL AgNO3/DIOL
Senshu PAK - ODS C8/C4/C1 NH2/CN/NO2 Silica SCX/SAX/N(CH3)2 DEAE

AQUASIL SP100(水系シリカカラム)

分離困難な極性物質の分析に新しい可能性。

  • シリカカラムでありながら、水を移動相に使用することができます。
  • TLCのRfとHPLCのRfの関係が明確なので、TLCを用いて移動相の組成を簡単に検討できます。Rf0.1〜0.2の条件をそのままHPLCに移行して良い分析結果が得られます。
  • 天然物、各種配糖体、抗生物質、脂質、糖脂質、医薬品他、様々なサンプルの分析に利用できます。
  • エタノール、メタノール、水など極性溶媒を加えることによってシリカゲルの吸着をコントロールすることができます。
  • クロロホルム、ヘキサチン、イソプロパノール、メタノールなどの移動相で普通のシリカカラムとしても使用できます。
  • バッファー充填で更なる分離と耐久性。ご使用の移動相に合わせて酸性(B)、塩基性(AB)を注文の際指定できます。

使用溶媒

シリカゲルカラム アクアシルSSカラム
 クロロホルム + メタノール + 水
 クロロホルム + メタノール  n-ヘキサン + 酢酸エチル + 水
 n-ヘキサン + 酢酸エチル  n-ヘキサン + プロパノール + 水
 n-ヘキサン + プロパノール   n-ヘキサン + THF + 水
 n-ヘキサン + THF  n-ヘキサン + メタノール + アンモニア水 
 その他TLC分析条件 + 水

塩基性化合物トリエチルアミン(TEA)、アンモニア水等は塩基性化合物の時に加えて下さい。吸着やテーリング等を防ぎ分離度が改善されます。
(注意)

  1. アクアシルカラムは、酸性溶媒、メタノール、水等を使用しますが、分析条件は極性の低い方から検討して下さい。一度極性溶媒を高くした時はカラムの中の溶媒を非極性側へ置換してから再び分析して下さい。(置換溶媒はTHFをお使い下さい。)
  2. サンプルは移動相に溶かしてインジェクションして下さい。分析条件よりもサンプルの極性が高いと、再現性が得られません。
  3. 保存はなるべく非極性溶媒に置換して下さい。
AQUASIL SP100
内径(mm)長さ(mm)型番価格(円)
150AQ-A051-SP55,000
1100AQ-A101-SP72,000
1150AQ-A151-SP77,000
1200AQ-A201-SP83,000
250AQ-B051-SP44,000
2100AQ-B101-SP66,000
2150AQ-B151-SP72,000
2200AQ-B201-SP77,000
3100AQ-C101-SP55,000
3150AQ-C151-SP66,000
3200AQ-C201-SP72,000
3250AQ-C251-SP77,000
4.630AQ-1031-SP33,000
4.6150AQ-1151-SP66,000
4.6250AQ-1251-SP77,000
6250AQ-2251-SP99,000
8250AQ-3251-SP154,000
1030AQ-4031-SP44,000
10250AQ-4251-SP187,000
20250AQ-5251-SP385,000
30250AQ-6251-SP770,000

粒径:5μm
孔径:100Å
比表面積:310m2/g


AQUASIL SS-N
内径(mm)長さ(mm)型番価格(円)
150SS-A051N-( )
1100SS-A101N-( )
1150SS-A151N-( )
1200SS-A201N-( )
250SS-B051N-( )
2100SS-B101N-( )
2150SS-B151N-( )
2200SS-B201N-( )
3100SS-C101N-( )
3150SS-C151N-( )
3200SS-C201N-( )
3250SS-C251N-( )
4.630SS-1031N-( )
4.6150SS-1151N-( )
4.6250SS-1251N-( )
6250SS-2251N-( )
8250SS-3251N-( )
1030SS-4031N-( )
10250SS-4251N-( )190,000
20250SS-5251N-( )700,000

(100Å)(50Å)5μm球状

※ご注文時に100Å、50Åの別を御指定下さい。

※価格はお問い合わせ下さい。



ページの先頭へ 製品案内の目次へ ホームへ